誠鏡まぼろし桐箱

父が還暦を迎えることとなったので、お祝いとして「赤いちゃんちゃんこ」ってのもなんなんで、日本酒を贈ることにしました。色々お店の人と相談した結果、広島の中尾醸造という酒蔵が作っている「誠鏡まぼろし」にしました。1年に600本の限定製造だそうで、今年はもうほとんど手に入るところはないかも知れません。ちなみに横浜そごうでは、5月4日時点で2本残っており、そのうち1本を買ったので、運が良ければまだ1本残ってるかも知れません。
日本酒はあんまり好きじゃないですが、味は気になるので、次に帰省したときまで残ってればいいな(贈ったものをほしがるのもなんですな…)


コメント

  1. ひろゆん より:

    偶然ですね。
    母が「まぼろし(赤箱)」を持って遊びに来ました。
    この3日間ちびりちびりと飲んでいましたが、720mlなので、さきほど無くなってしまいました。
    美味しいですよ。
    冷酒も良いですが、常温(15度前後)で飲んでいます。赤ワインと同じ感じで扱っています。
    そして、開けてしまうと飲みきりになります。
    数日で味が変わると思いますので、開ける時は帰省されることを望みます。
    桐箱があるとは思ってもいませんでした。
    飲んで感想を聞かせてください。

  2. ひろゆん より:

    お酒の話だけになって、ごめんなさい。
    少し酔っていました。
    お父様が還暦ですか。
    私の場合は還暦の父はあまり年を感じさせず、子供みたいで、嬉しかった記憶があります。
    それから帰省のたび一緒に酒を飲むのが楽しくなりました。
    新しい人生が始まるお父様を大事にしてあげてください。

  3. sakamo より:

    ひろゆんさん、こんにちは。
    さすが広島出身のひろゆんさん「まぼろし」についての報告ありがとうございます。飲んでみたくなりました。
    うちの父も見た目は若く見えるので、還暦といわれてもピンとこない感じです。帰省などの機会でいつも一緒にお酒が飲めるは、私も楽しみの一つです。